気づかないうちにやっている!?髪の毛を細くする12のNG習慣

髪の毛を細くする習慣

髪の毛が細くなってお悩みのあなた。普段何気なくやっている習慣が、髪を細くする原因になっているかもしれません。

前のページで説明したとおり、髪を太く健康にしたいなら、

  • 新しく健康な髪が生えてくる環境をしっかり整えること
  • 今ある髪の毛のキューティクルを大切にしてコルテックスを死守すること
これが大事です!

そのために避けた方が良い髪を細くするNG習慣を12連発 でご紹介。ついついやっちゃう、勘違いヘアケア!あなたはいくつ当てはまりますか?

NG習慣その1:髪の毛はシャンプーでよーく洗う。

シャンプーするとき、どこを重点的に洗いますか?「そんなの、髪に決まってるじゃん!」というあなた。 それ、間違ってますよ~~^^;

シャンプーでしっかり洗うべきなのは、髪ではなく頭皮。髪についた汚れは、実はすすぐだけで大半が取れるんですよ。

髪をシャンプーでゴシゴシ洗うと、キューティクルが傷んでしまうので注意。

NG習慣その2:トリートメント剤は気持ち多めにつける。

トリートメントの多くにはシリコンというコーティング剤が含まれています。

髪の毛に塗ることで、手触りをツルツルにしたり指通りをなめらかにしたりする効果がありますが、 これが頭皮につくとよくありません。頭皮の毛穴に詰まると、汚れが蓄積して頭皮環境を悪くしてしまうからです。

トリートメントを使うときはくれぐれも適量を守り、頭皮につかないように塗ってください。

ちなみに私は洗い流すタイプのトリートメントは使いません。ドライヤー前にアウトバスタイプの流さないトリートメント を毛先中心に塗って髪の毛を保護しています♪

NG習慣その3:すすぎは熱めのシャワーでさっぱりと。

熱めのシャワーは、頭皮の油分を必要以上に洗い流してしまいます。頭皮が乾燥したり、バランス がくずれて油分過多になったりの原因になるので、 健康な髪を育てるためには避けるべきことです。

さらに言えば、髪の毛はとにかく熱に弱いです…。キューティクルがはがれやすくなるので、髪内部のコルテックスが流出し、 髪を細くしてしまいます。

洗髪するときのシャワーは38℃が適温。これって結構ぬるいです。シャワーだけでなく、湯船の熱いお湯に 髪が浸からないよう配慮することも忘れずに。

NG習慣その4:お風呂あがりは髪をゴシゴシ、しっかりタオルドライ。

髪の毛は濡れているときが一番デリケート。キューティクルがはがれやすい状態になっています。 そんな状態の髪の毛をタオルでゴシゴシこすったら…想像しただけでぞっとします!

なるべく柔らかいタオルで、軽くポンポンとたたくようにして水分をやさしく吸い取りましょう。 絶対にこすってはいけません。

NG習慣その5:ドライヤーは傷みそう&面倒だから自然乾燥。

ドライヤーの熱は、確かに髪を傷める原因にもなります。ドライヤーと髪との距離を離し、 髪ではなく頭皮中心に乾かすようなイメージで風を当てるのが正しいやり方。

でもだからといって自然乾燥はダメです。

髪の毛を濡れたままにしておくと、何かと接触したときに傷んでしまう上、 頭皮に雑菌がわきやすくかゆみやフケのもとになるからです。

ちなみにとむちゃんが使っているドライヤーはパナソニックのナノケアです♪
>>ナノケアドライヤーの使用感について口コミしてみました

NG習慣その6:日中はアップヘアか、コテやアイロンでばっちりセット。

髪の毛を強く引っ張るようなヘアスタイルは、髪や頭皮を傷めやすいので頻繁にやるのはNG。

髪表面に直接高温をあてるコテやアイロンは、髪をやけどさせキューティクルのダメージのもとに。

なるべくスタイリングはドライヤーで済ませるようにし、どうしてもコテやアイロンを使うときは せめてトリートメントで保護するようにしましょう。

NG習慣その7:ワックスやムース、整髪料は欠かせない。

ワックスやムースなどの整髪料には、トリートメント剤と同じくシリコンが含まれている場合が多いです。これも毛穴に詰まると良くないので、頭皮につけないように気をつけて。

また、整髪料はシャンプー一回では落ちないものもありますよね。何度もシャンプーを行うと髪を 傷めてしまうので、毎日使うのは避けたいところ。

強力な整髪料は水で少し薄めると落としやすくなります。洗髪するときにトリートメントで整髪料を 乳化させてからシャンプーするのも有効なテクニックなので試してみて。

NG習慣その8:シャンプーは安くて泡立ちが良いのを適当に選ぶ。

安くて泡立ちの良いシャンプーは、脱脂性・刺激性が強く髪や頭皮に良くないので 絶対ダメ!

おすすめはアミノ酸系の洗浄剤を使っているシャンプー。頭皮の油分を落としすぎず、 なおかつ髪の毛のダメージ部分に張り付いて補修してくれる優れものです。

私はシャンプー変えたのをきっかけに すごく髪が元気になりました!シャンプー選びって本当に大事なので、ここはこだわって欲しいというのが本音。 良いシャンプー使ってれば、トリートメントなんてなくても良いくらいです。

私が使っているシャンプーは「haru黒髪スカルプ・プロ」というアミノ酸系のシャンプーです。
>>haru黒髪スカルプ・プロってこんなシャンプー!

NG習慣その9:パーマやカラーはセルフで。

パーマとカラーでは厳密にいえば仕組みが違いますが、キューティクルを開いたり、髪を構成している シスチンという物質を切断したり、髪に大きな負担がかかるという点では同じです。

ドラッグストアで市販されているパーマ剤やヘアカラーは、素人でも上手く施術できるよう、 強めの薬剤が使われています。ただでさえ髪を傷めやすいのに、市販の薬剤を使えば 髪はボロボロになってしまいます。

本当はパーマやカラーは避けた方が髪のためには良いですが、おしゃれも楽しみたいですよね。 そういうときは、プロにお願いするのが一番安心です。美容室に行って施術するようにしましょう。

NG習慣その10:朝シャン派だ。

夜は疲れているから寝たい、朝シャンで寝汗を落としてすっきりしたいという 思いから、朝シャンしている方。髪や頭皮のことを考えたら、朝シャンはやめた方が良いです。

髪が育つのは22~2時の深夜の時間帯だと言われています。この時間帯までに、髪や頭皮 をしっかり洗って清潔にしておいた方が良いからです。

また、シャンプーすると頭皮の皮脂が落ちますよね。この皮脂、実は日中の紫外線から頭皮を守る 効果があります。夜シャンプーすれば寝ている間に ちょうど良い具合に皮脂が復活するのですが、朝シャンしてしまうと一度リセットされます。紫外線が頭皮に ダイレクトアタック!です。

私も以前は朝シャン大好きでしたが…髪と頭皮のためにも、夜シャンに切り替えましょう!

NG習慣その11:忙しいし睡眠時間は最低限。

先ほども言った通り、22~2時の深夜の時間帯に髪は育ちます。この時間帯はしっかり寝ることが、 健康な髪を生やすために大切なことです。

人間は寝ている間に体を休めたり、全身に栄養を届けたりしています。睡眠は生きるために 不可欠なものということは周知の事実ですよね。睡眠が不足すると、何かしらの不調として体に表れます。

体の組織のうち、髪の毛は、生きるための優先順位としては相当下の方です…。 つまり、睡眠不足のダメージがモロに表れやすい場所です。

髪を細くするだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなるので、夜はしっかり寝ましょう。

NG習慣その12:ダイエットはもっぱら食事制限。

睡眠不足と通じるところがありますが、食事も生きるためには絶対に必要なものですよね。

髪の毛は生きるための優先順位が下~~~の方なので、栄養が届けられるのは最後の最後。 よって、食事制限によるダイエットで十分な栄養が摂れていないと、一番最初に犠牲になるのは髪の毛です。

髪の毛の約85%はタンパク質でできています。なのでダイエット中でも、お肉や魚、豆類などのタンパク質を 意識してしっかり摂るように心がけましょう。

ライン

以上、髪を細くするNG習慣を12連発お送りしました。少しずつでも良いので、当てはまった習慣を 改めるよう努力してみてくださいね。

「シャンプー選びは本当に大事」とお伝えしましたが、次のページでは、私が愛用しているシャンプーをご紹介します。 成分とか使い心地とかにこだわった結果、辿り着いた最終兵器です(笑)

髪が細いと悩んでいる人にぴったりのシャンプーですのでお楽しみに!

次のページへ
>>髪が細い・ねこっ毛・薄毛・抜け毛におすすめのシャンプー

必ず読んで欲しい重要ページ

1.髪の毛が細い・太い 髪質の違い

2.太かった髪が細くなった??髪質変化の原因

3.気づかないうちにやっている!?髪の毛を細くする12のNG習慣

4.髪の毛が細いと悩んでいる人におすすめのシャンプー

5.余力があれば実践して欲しい頭皮マッサージのやり方

サブコンテンツ

このページの先頭へ